アトピー性皮膚炎menu

  1. 診療案内
  2. アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が、顔や体や腕や脚に左右対称性に、増悪、改善を繰り返す慢性の皮膚炎症性疾患です。

アトピー性皮膚炎と皮膚バリア

皮膚は体の内側からの水分の蒸散を防ぎ、外界からの病原菌やアレルゲンの侵入を阻止するバリア機能を持っています。
アトピー性皮膚炎ではこのバリア機能が低下しています。

アトピー性皮膚炎と皮膚バリア

アトピー性皮膚炎の治療計画

01アトピー性皮膚炎の正確な診断

02寛解導入療法

  • ステロイド外用
  • タクロリムス軟膏 (プロトピック軟膏)
  • デルゴシチニブ軟膏 (コレクチム軟膏)
  • 補助的な抗ヒスタミン薬の内服
  • 悪化因子の検索

治療反応良好

03寛解維持療法

  • プロアクティブ療法*
  • タクロリムス軟膏やデルゴシチニブ軟膏での症状維持

*ステロイドやタクロリムス軟膏の間歇的な外用により長期寛解状態を維持する。

治療抵抗性

03難治性状態

  • 紫外線療法の併用
  • 免疫抑制剤(ネオーラル)の併用**
  • 注射薬(デュピクセント)の導入**
  • 内服薬(オルミエント)の導入

**これらの治療は当院で導入可能です。