ニキビmenu

  1. 診療案内
  2. ニキビ

ニキビとは

ニキビは、毛穴のつまり、皮脂分泌の増加で起こる白ニキビ、白ニキビが酸化して起こる黒ニキビ、皮脂を栄養素とするアクネ菌が増殖し、炎症を起こした状態である赤ニキビなどを指します。

顔面に分布する脂腺性毛包は、もともと皮脂腺(脂の分泌腺)がよく発達しています。

皮脂分泌の増加で起こる白ニキビ

毛穴のつまりと、もともと発達している皮脂腺のさらなる分泌増加で白ニキビができます。

皮脂を栄養素とするアクネ菌が増殖し、炎症を起こした状態である赤ニキビ

皮脂の増殖は、皮脂を栄養素とするアクネ菌の増加を招き、それに伴う炎症により赤ニキビができます。

ニキビの治療方針

重症度、ニキビの状態に応じ、外用療法、内服療法を組み合わせて行います。

外用療法

毛穴のつまりの改善作用、アクネ菌の殺菌作用をもつアダパレン、過酸化ベンゾイル含有軟膏と、アクネ菌の殺菌作用のある抗菌剤軟膏を症状に応じて使用します。

*毛穴のつまりの改善、抗菌作用、皮脂分泌抑制作用をもつアゼライン酸(DRX AZAクリア)は、自費診療にて取扱いがあります。

内服療法

炎症性皮疹に対する内服抗菌薬の併用
ドキシサイクリン、ミノサイクリン、ロキシスロマイシン、ファロペネムなど
炎症性皮疹や面皰に対する漢方内服薬の併用
十味敗毒湯、荊芥連翹湯、清上防風湯など